外壁塗装東京外壁塗装費用価格は(株)相信|敬語の基本

塗装・東京(株)相信 塗装の採用情報 塗装教育資料

塗装工事 依頼のお電話
そのときの、敬語の基本

1.「塗装工事依頼をくださったA様」

社内でお客さまについて話すときには、敬語で話します。「小平のM様は、屋根塗装も希望すると仰っていました」など。お客さまは有難いのだと、日ごろから思っていると、自然に敬語になってくると思います。

また、お客様に社内の人のことを話す場合には、敬語は使いません。電話を受けたときに、「はい。社長ですか。いらっしゃいます」というのは誤りで、「おります」が正しい返事になる。社内で立場が上の人に対しては、ついつい敬語が出てしまうので注意したいところ。

2.塗装関連の文脈で学ぶ 敬語

A.なに塗料ですか。もう一度いってもらえますか。 
→ もう一度おっしゃってください。

B.色決めに、明日(あす)行けたらと思うのですが。
→ 明日(みょうにち)お目にかかりたいのですが

C.近所に、ガイナで全面塗装されたお宅がございます。拝見いたしますか。   → ご覧になりますか。

D.南面のみ断熱塗装を希望されるのですね。わかりました。
→ 承知いたしました。(かしこまりました)

E.軒天井塗装の件は、現場部長と打ち合わせた上で、今日中にお返事いたします。   → 本日中に

|  東京都の外壁塗装店 | 塗装の手順 | 塗装の種類 | 断熱塗料ガイナ | 塗装価格 |


余白