外壁塗装東京外壁塗装費用価格は(株)相信|丁寧なお辞儀

塗装・東京(株)相信 塗装の採用情報 塗装教育資料

塗装の相信
丁寧なお辞儀

1.お辞儀の角度

塗装の打ち合わせに伺い、お客様宅をおいとまする際。大切なお時間を割いてくださったお客様に対しては、しっかりと感謝の気持ちをこめて、お辞儀をしてきたいものです。

お辞儀には、会釈・礼・最敬礼の3種類あります。塗装の相信の通常業務では、会釈・礼を。塗装工事においてクレームが出てしまい、お客様宅に謝りに行くときには、最敬礼で謝罪の気持ちをお伝えする場面もあるかもしれません。

・社内の人に対して=15度(会釈)
・お客様宅をおいとまする際=30度(礼)
・クレーム工事お詫びの際、葬式の道案内=45度(最敬礼)
(葬式の案内では、「ご会葬ありがとうございます」が適切)

2.エレベーターでのマナー

・お客様と2人で利用する場合

大切な方を、先に入れて、先に出す。乗り込むときは、ドアを手で押さえて、先に入れる。おろすときは、ボタンを押しておいて、先におろす。

・大勢で乗り込む場合

大切な方たちより、先に乗って、先に出す。乗り込むときは、ドアを手でおさえず、先に乗り込んでボタンを押して待っている。

基本的には、先に入れて、先に出すが、人数が多いと操作盤(目下の人が操る)を操れなくなるおそれがあるためと考えておくと分かりやすい。

3.階段でのマナー

@ 自分がのぼっている。上から偉い方が降りてきた。
→ 階段の隅により、相手が2・3段上に来たときに、お辞儀。

A 自分がおりている。下から偉い方が来た。
→階段の隅により、同じ段まで来たときに、お辞儀。

|  東京都の外壁塗装店 | 塗装の手順 | 塗装の種類 | 断熱塗料ガイナ | 塗装価格 |


余白