外壁塗装東京外壁塗装費用価格は(株)相信|お客様宅でのマナー

塗装・東京(株)相信 塗装の採用情報 塗装教育資料

お客様宅にて
塗装工事の打ち合わせ

1.時間のマナー

塗装工事のご契約・打ち合わせ・御見積もりなどで、頻繁にお客様宅に足を運ぶことになります。その際に必要な時間のマナーについてまとめました。

・打ち合わせに遅刻する場合は、必ず事前にご連絡を差し上げる。
・お客さま宅への訪問は、お昼どき、暗くなってから(PM4時以降)は、避ける。
・帰る切っ掛けは、訪問した側がつくる。
・用談が終わったら、すみやかに帰る。
・帰り際には、必ず受け渡した文書の確認

2.入室時のマナー

塗装工事の打ち合わせで、ご契約で、営業マンはお客様宅にあがることがあります。その際の、玄関先での振舞いについて、基本を押えてください。入室時に、注意したいの、靴をそろえるときにお客様にお尻を向けないこと。身体の側面を向けてかがみ、靴はそろえてください。靴は玄関扉に先っぽを向けて、端に寄せてそろえます。お尻を向けることは、本当に失礼なことなのです。仏壇など神聖なものに向けてお尻をむけることもタブーですので、注意してください。

3.退室時のマナー

お客様宅と似たお宅の、塗装工事事例をもとに、お客様が納得する色彩での塗装を決定しました。お客様は大満足、お気に入りの色での、ピカピカの塗装に期待が高まります。打ち合わせに伺ったあなたも、嬉しくてウキウキしていますが、退室時のマナーには、しっかりと気を付けてください。

お客様宅をおいとまする際のマナー。玄関先にて靴を履いたら、振り返り、スリッパをそろえます。ここで、スリッパ立てがあっても、スリッパ立てにスリッパは戻さないでください。スリッパの先っぽは、室内に向けて、玄関の隅にそろえられればOKです。心の底から、気持ちよくご挨拶をして、退室してください。

|  東京都の外壁塗装店 | 塗装の手順 | 塗装の種類 | 断熱塗料ガイナ | 塗装価格 |


余白