外壁塗装東京外壁塗装費用価格は(株)相信|乗り物の席順

塗装・東京(株)相信 塗装の採用情報 塗装教育資料

塗装の相信
大切を伝える席順(乗物編)

乗物は、奥(1)、通路・出口側(2)、真中(3)が基本です。この順番をベースとし、少し理由を考えていけば乗物の席順は簡単です。

1.タクシーでの席順

タクシーでの席順

塗装関連のセミナーや懇談会において、他の塗装会社の方とタクシーに乗ることがあるかもしれません。そのときのために、タクシーの席順をチェックしておきましょう。

運転席の後側が最も安全な位置であるために、最上位者は運転席の後側の席となります。また、助手席には最も序列が下の人が座り、料金精算しやすいようにします。

2.乗用車での席順

乗用車での席順

塗装会社Aさんが、ショールームをオープンしました。それに招待され、社長に同行することになりました。塗装屋のAさんが、最寄の駅まで迎えにきてくださったとき、どのような席順で座ればよいでしょうか。

この場合、A塗装さん(ホスト)とお話しやすいように、上位者が助手席に座ります。後部座席の席順は、奥(1)、通路・出口側(2)、真中(3)の基本順序とおりです。

3.飛行機も基本順

飛行機での席順

飛行機も基本順。奥(1)、通路・出口側(2)、真中(3)が基本です。日本全国を飛び回る塗装会社に、早くなりたいものです。

4.電車も基本順

電車での席順

電車も基本順。奥(1)、通路・出口側(2)、真中(3)が基本です。進行方向に背を向けると気持ち悪くなるので、気持ち悪くなる方が目下の位置となります。電車の席順を気にするような機会は少ないですが、「進行方向に正面を向いて座れたほうが相手は快適にちがいない」と考えられるような、そんな優しい配慮については再確認したいものです。

|  東京都の外壁塗装店 | 塗装の手順 | 塗装の種類 | 断熱塗料ガイナ | 塗装価格 |


余白