外壁塗装東京外壁塗装費用価格は(株)相信|自社内部サイト制作

外壁塗装・東京(株)相信 塗装&マーケティング 

塗装サイト
自社内部で制作

知り合いの塗装会社で、サイト制作・運用に年間2000万円をかけている業者がいました。弊社は制作費は無料です。というのは、事務員(私)が事務の傍らに制作しているからです。1ページ制作する時間は、およそ10分程度です。

自社内でWEBサイト制作できることは、社会がWEBを介在した商取引が拡大していく方向にあって、必要不可欠です。ここでは、私が学んだ制作プロセスを簡潔にまとめました。

1.塗装サイトを作るぞ・・まずは雰囲気!

まず、WEBから塗装工事を受注していくプロセスを理解することが大切です。閲覧者を増やす(キーワード広告など)→買いたくなるページを作る(各種ソフトウェアの利用)→問い合わせてもらい→お客様の立場に立って営業する。このように、大まかにWEBから塗装工事を取るということの流れ・イメージを掴むことが大切です。

次に、HTML・CSSの基礎を学ぶことが大切です。<h1></h1> や <p></p>をタグといいます。このようなタグの基本的な意味を書籍・実践にて習得する。FFFTPを使い、サーバーに投げられるようになることが目標です。

HTML・CSSとは?

アメリカで働くのには、英語が必要です。 同様に、WEBサイトを創るためにも、WEB言語というべきものが必要です。HTML,CSSといわれるのが、それで。「メモ帳」に記述できます。

2.塗装サイトを、とにかくも構築

楽しく分かりやすい塗装サイトを制作するための、各種ソフトをいじることに慣れる段階です。

お役立ちソフトは、右にまとめたので、参考にしてください。

3.塗装サイトを、本格的に作りこむ

A.キーワードを選定する
「外壁塗装の価格」など、インプレッション(閲覧者)が多そうなキーワードを選定する。キーワードアドバイスツールは、塗装関連のキーワードを探すことに役立つ。ピタゴラスは、競合塗装会社のサイトを多角的に分析できる。

B.SEOを意識してサイトを作りこんでいく
正しい言語を書く。(参考サイト: HTML lint W3C)ブラウザ問題を解決する。塗装関連のリンクを増やしていく。(ビジネスディレクトリ等に登録)

C.ウェブマスターツールに登録(googleおよびYahoo!!)
各々に、サイトマップ・RSSフィードの送信 WEBセーフ機能で安全なサイトにする→ノートン・ウィルスバスターに連絡 Yahoo!カテゴリに登録、Googleディレクトリに登録

|  東京都の外壁塗装店 | 塗装の手順 | 塗装の種類 | 断熱塗料ガイナ | 塗装価格 |


余白