外壁塗装東京外壁塗装費用価格は(株)相信|タスペーサーを導入した経験

外壁塗装・東京(株)相信 塗装&マーケティング 

塗装&マーケティング
お客様の声(タスペーサー導入)

お客様の声から、業務全体を見直すことになった事例について。自分の経験を綴ります。マーケティングが、お客様の声からスタートして、業務全体に影響を及ぼすプロセスであることが確認できる事例です。

1.タスペーサーなんて知らない

ホームページから仕事を取り始めて、2件目のお問い合わせのとき。世田谷のお客様宅を訪問しました。その際に、「相信さんはタスペーサーを入れないのですか」とお客様に質問され、タスペーサーというものの存在さえ知らずに、父(社長)と自分は躊躇しました。

他社サイトをネットサーフィンする中で、タスペーサーというものが、縁切り(屋根塗装の際の雨漏り防止処理)を確実にするために必須なものということが理解できました。そこで、父に「弊社もタスペーサーを導入した方が良いのではないか」と持ちかけたのですが、40年間タスペーサーを使わずに塗装工事をしてきた父は難色を示しました。

2.タスペーサーの導入を決定

「タスペーサーなんて、いらない。カッターやヘラによる縁切りで十分だ。そのようなものに労力を使うことは、お客さまのためにならない」というのが、当初の父の考えでした。確かにカッター、ヘラによる縁切りで雨もれにいたった事例は、40年間で1件もなかったことを考えれば、確かに縁切りしなくとも雨漏れはしないのかもしれません。

しかし、様々なサイトで、カッター・ヘラによる縁切りでぼろぼろになった事例を発見するなどする中で、弊社も万全を期してタスペーサーを導入するにいたりました。

3.お客さまの声で、会社が変わる

これは、お客様の声から、業務内容が変わった1つの例です。「万全の安全」をお客様は求めており、そのようなニーズに、弊社は1歩近づけたというわけです。

お客さまの声に耳を傾け、その声に真剣に悩み、業務内容を変革し、その変化をホームページで宣伝する。その宣伝を見たお客様が、弊社に問い合わせてくださるようになる、もしくは完了報告書を見て安心してくださるようになる。

そのように、絶えず業務を見直していくことが「マーケティング」であると思います。

|  東京都の外壁塗装店 | 塗装の手順 | 塗装の種類 | 断熱塗料ガイナ | 塗装価格 |


余白