外壁塗装東京外壁塗装費用価格は(株)相信|サイト制作ポイント

外壁塗装・東京(株)相信 塗装&マーケティング 

塗装サイト
制作のポイント

他の塗装会社で良き点は、全て取り入れる。悪い点は、とことん改善する。そうやって、日々良い会社になっていき、最も新しい会社の姿を日々WEBサイトで打ち出していく。塗装サイトは、会社を移す鏡です。

同時に、分かりやすさに配慮した、「伝える意志のあるページ」にしたいものです。専門的な言葉を、平易な言葉に置き換えながら、お客さまの目線に立ち、これからもとことん分かりやすく塗装についてお伝えしてまいります。

1.お客さまの目線で、塗装を語る

「営業」を外部に任せ、「工事」に専念してきた弊社の場合。塗装の知識・技能には詳しいのですが、塗装工事に関する専門的なことを、分かりやすくお客様に伝えることは苦手としてきました。 塗装は、素人であるお客様の立場に立って、塗装に関してお客様が欲している情報を、お客様のストレスにならないような明確さで語ることを心がける必要があります。

2.他の塗装会社との比較

元請会社から塗装工事をもらっている時分には、自社の強み・弱みについて、そこまで真剣に考える必要はありませんでした。求められていたのは、塗装工事に関する高度な専門知識と、適切・確実な塗装工事技術でした。

ところが、塗装サイトから仕事をとるようになると事情は一変します。無数の塗装業者が自社の強み・弱みをアピールするWEB空間の中で、弊社を選んでいただけるようにPRしていくことを強いられるようになったからです。

3.自社の強み・弱みを把握することが必要

そのために、WEB担当者は、「他の塗装会社と比べてどんなことができて、どんなことができない会社なのか」について明確にすることが必要となります。そして、他の塗装会社に比べて強みである点は、しっかりと明らかにする。他の塗装会社に比べて弱い部分については、自社の人間としっかりと議論をし、徹底的に見直していくことが必要となります。

4.強み・弱みを、とことん把握するために

A.社内でコミュニケーションをたくさん持つ

埋もれていた、自社の強みを発掘する。例えば、塗装工事の後で、50〜100枚の報告写真を提出できる会社。また、色彩センスのよい吹付・塗装技術者がいる。そして、国土交通大臣顕彰の塗装職人がいる会社である。

B.他社の情報を、貪欲に収集する

他の塗装会社がやっている良い点は、全て吸収する。 例えば、タスペーサーを弊社は入れていなかった場合に、入れた方が良いのかを考える。あるいは、塗装ビフォーアフター事例が豊富なサイトを見て、弊社もそんなサイトにしたいなと思う。

以上、A.B.の過程で得られたすべてを、塗装サイトにぶつけていくことで、日々サイトは改善されていく!

|  東京都の外壁塗装店 | 塗装の手順 | 塗装の種類 | 断熱塗料ガイナ | 塗装価格 |


余白