外壁塗装東京外壁塗装費用価格は(株)相信|クラック処理

外壁塗装・東京 塗装のながれ クラック処理

剥がれにくい塗装のために

クラック処理

壁内部を劣化から守るために!
養生は命に関わる? ⇔ 下塗りは、接着剤!

外壁塗装の前に 丁寧にクラック処理

建物を劣化から守る!

旧塗膜にクラック(亀裂)・欠損・凸凹などがあれば、まずはそれらを補修する必要があります。これは、綺麗に塗装するためにも大切なのですが、建物の内部を厳しい外部環境(温度変化・風雨)から保護するためにも、とても大切な工程です。

塗膜にヒビが入るなどすると、カビの発生や、ひどくなると浸水の恐れがあります。また、鉄筋造などの建物では、ヒビから浸入した雨水は、鉄筋を劣化させる原因ともなります。

外壁欠損

外壁補修

外壁パターン

外壁塗装

コロニアル屋根・タイルの欠損も!

外壁塗装の前工程として。旧塗膜表面に、凹凸・亀裂・欠損等がある場合に、まずそれらを補修することが極めて重要です。また、屋根瓦・タイルなどが傷んだり、剥がれたりしている場合は、もちろん取り替えた上で塗装いたします。

大規模修繕に多く関わったノウハウをもとに、各症状に対し適切な処理を行ってまいります。

外壁塗装 クラック処理事例

鉄筋造の構造物にしか行わない処理ですが、下地処理のイメージを持っていただくために、ここではシーリング処理についてご説明いたします。

【 事 例 】鉄筋造:外構のシーリング処理

クラック現状

現状です。外構に、クラックが入っています。このままだと、内部に水が浸入し、内部鉄筋が錆び、さらに悪くなると、コンクリートの剥落へとつながります。

Uカット

まず、クラックをU字型に拡げます。拡げることにより、シーリングをきちんと充填できるようにします。

シーリング充填

Uカット処理した部分を、清掃します。接着剤の役割を果たすプライマーを塗布し、シーリングを充填します。

シーリング充填2

シーリングを平にならします。シーリングの種類によっては、必要に応じて逆プライマーなどを塗布します。

外壁塗装完了

パターン(模様)が途切れたりした場合には、ローラー・吹付けなどによって、パターン(模様)を修復します。そののちに、下塗り工程へと移ってまいります。

最後の写真は、塗装完了後の写真です。クラックを適切に埋め、クラック処理をしたこともほとんど目立たないようになりました。

|  東京都の外壁塗装店 | 塗装の手順 | 塗装の種類 | 断熱塗料ガイナ | 塗装価格 |


余白