外壁塗装東京外壁塗装費用価格は(株)相信|下塗り

外壁塗装・東京 塗装のながれ 下塗り

塗装膜の最下層

下地処理

上塗りの密着力を向上させる
しっかりとクラック処理! ⇔ 丁寧な3回塗り!

外壁塗装の密着をよくする

下塗り塗装中

お化粧でいうところの下地クリーム。完成時に目に見え、諸機能(ガイナであれば断熱)を発揮するのは、上塗りの塗膜です。しかし、上塗り塗膜だけだと密着力がなく、塗装をしても短期間で剥がれてしまいます。そこで、下地材と呼ばれる密着性のある下塗り材を用い、中塗り・上塗り材が剥がれずに載っかるようにするのです。

下塗り完了

従来は、密着力ある下塗り材としてシーラーを用いてきました。そして、微細なクラックを埋めて下地(塗られる面)を強化するのにフィラーという塗料が用いられてきました。

最近では、かつては密着力の点で難があったフィラーの品質も改良され、微細なクラックを埋めてくれるという役割も果たすことから、フィラーで対応することも増えています。

|  東京都の外壁塗装店 | 塗装の手順 | 塗装の種類 | 断熱塗料ガイナ | 塗装価格 |


余白