外壁塗装東京外壁塗装費用価格は(株)相信|基幹技能者の育成

外壁塗装・東京 新聞・雑誌 塗装・仕上業界の課題2

外壁塗装・仕上業界の課題 2/4

「NGS通信」(2008/7/15)難局克服への方策

1.断熱塗料など、取り込んでいく
2.外壁塗装・仕上の基幹技能者
3.外壁塗装+関連業種
まとめ強い塗装・仕上業者に

外壁塗装・仕上業界の課題 2/4

2.外壁塗装・仕上の基幹技能者

厳しい経営環境の中で、人材育成に時間を割くことは容易なことではありません。しかし、厳しい時代は続くという気持ちで、どのような人材育成をすべきかの「方向性」について明確にしておくことが大切であると私は考えております。

まず、認識すべきは、基幹技能者制度が関係団体で着々と整えられてきているということです。そして、我々の業界の外壁仕上基幹技能者制度もいずれは国家資格になるでしょう。社会は資格を持っているか、いないかに、確実に厳しくなっていきます。「外壁仕上基幹技能者」はじめ、能力ある技術者には、しかるべき資格を取らせてやる姿勢が大切だと思います。そのために割く時間・金が、のちのち技術者本人と、そして会社とを、支えてくれるようになるはずです。

そして、業務を拡大していくことを考え、多能工を育成することが必要であると考えます。吹付・塗装・左官・防水と何でもできる技術者。難しければ、些細な手直しならば自分の手でできる程度で構わないので、技術者に関連業種の技術についても学ぶ機会を与えるべきです。7割ほどがリフォームの時代です。ちょっとした手直しのたびに、色々な業種の人が出たり入ったりしていては、時間ばかりかかって、利益になりません。常にチャレンジ精神を持って、周辺技能を学び、できる仕事の幅を広げていくことも大切ではないでしょうか。また、多くの技能を身につけられる会社であれば、「楽しさ」を重視する若年者の心を捉えられます。若年労働力の不足という建設業界全体が抱える問題の鍵の一つは、もしかすると多能工にあるのかもしれません。

基幹技能者など積極的に資格を身につけさせる、多能工を育成するなどが重要と考えます。

次の頁へ
3.外壁塗装+関連業種

|  東京都の外壁塗装店 | 塗装の手順 | 塗装の種類 | 断熱塗料ガイナ | 塗装価格 |


余白