外壁塗装は東京の相信|世田谷区・ガイナの塗装施工例

サイディング塗装・(株)相信 ガイナ塗装施工例

世田谷区 2棟並んで断熱塗装

ガイナ塗装前 世田谷区の施工例
ガイナ塗装後
外壁・屋根:断熱塗装ガイナ(O邸は色おまかせ)

ガイナは、遮熱塗料の市場シェア16%超を占める信頼おける遮熱・断熱塗料です。詳細はガイナ断熱塗装とはをご覧ください。

建売で同じ形状のお宅が3棟並んでおります。Oさまのご紹介でKさまもご一緒に塗装されました。Oさまは、色おまかせでレモン色にいたしました。このお色は、Oさまお立会いのもと、現場調色(ガイナとガイナを混ぜて別のお色にすること)にてお作りしたお色です。

塗装施工例|工程ピックアップ!

下地調整 塗装前の大事な工程

塗装前工程1 塗装前工程2 塗装前工程3 塗装前工程4

  塗り壁のお宅の場合、塗替え時期になると、大なり小なりひび割れが発生することが多いです。左上写真のような大きなひび割れの場合は、特にしっかりと施工する必要がございます。このお宅の場合、すでにシーリング材による応急処置はなされていたのですが、仕上がりを綺麗にするためには、この上から塗ってしまうだけでは不十分です。なぜなら、シーリング材の表面はツルッとしているため、この上から塗っても、回りと同じ質感(リシンの質感)は出せません。雨水の浸入を抑えることはもちろん、補修跡が見えないようにするのもプロの技です。右下写真のように、表面を回りと同じ肌にして、ようやく塗装をする準備が完了いたします。

天窓 美観と遮熱の両立

光触媒塗装中 遮熱塗料塗装後

  Oさま、Kさまのどちらのお宅も、この窓の下に居住スペースがございました。元々、遮熱用のシートが貼られておりましたが、外部の汚れが大変目立っておりました。そのため、外部は綺麗な状態を保てるよう光触媒を、内側は透過する際に遮熱する効果のある塗料を採用いたしました。

アルミの汚れ 塗らなくても綺麗になるの!?

アルミ用洗浄施工前 アルミ用洗浄施工後

  奥さまは何とかこの汚れを落とそうと試みたけれども、なかなか落ちないというお悩みを持っていらっしゃいました。結果は、ご覧の通りです。アルミ専用の薬品にて綺麗に洗浄いたしました。

タイルの塀 エフロとは?

タイル クリヤー塗装前 タイル クリヤー施工後

  現場調査の際、この塀を撤去することも考えていらっしゃるとの相談を受けました。左写真の施工前の塀には、エフロが出ているのがわかります。エフロとは、タイルの目地にあるセメント成分が流れ出て、白く結晶化したものです。エフロは水で洗い流そうとしても、容易には落ちません。まず薬品を使って、エフロと汚れを洗い流し、透明なクリヤー(厚膜)を塗装しました。天端も水が浸入しないよう、防水処理をいたしました。

断熱塗装完了

Oさま邸・Kさま邸の断熱塗装工事は、52人工。およそ22日間の工事でした。アンケートの点数では、100点満点いただきました。また、Oさまからは、営業や広報について、とても為になるアドバイスも頂戴し、感謝いたしております。本当にありがとうございました。

ざっくり塗料比較

価格・費用シュミレーション

|  東京都の外壁塗装店 | 塗装の手順 | 塗装の種類 | 断熱塗料ガイナ | 塗装価格 |


余白