外壁塗装は東京の相信|杉並区・ガイナの塗装施工例

サイディング塗装・(株)相信 ガイナ塗装施工例

杉並区 ガイナ&タイルクリヤー

サイディング旧塗膜 東京都杉並区の施工例
塗装完了施工例
外壁:断熱塗料ガイナ タイル面:クリヤー
屋根:遮熱塗料ガイナ(耐用年数:15〜20年)

ガイナは、遮熱塗料の市場シェア16%超を占める信頼おける遮熱・断熱塗料です。詳細はガイナ断熱塗装とはをご覧ください。

タイル専用の洗浄剤にて洗い、クリヤーという透明膜を形成することにより、タイル面も生き返りました。

塗装施工例|工程ピックアップ!

ポイント:ベランダ下・軒天井 補修工事

ベランダ下補修前 ベランダ下補修後
  ベランダ下の軒天井が、雨水の影響を受け傷んでおりました。シーリング・パテ・寒冷紗などの材料を利用して、軒天井の穴埋めをいたしました。
しかし、この部分を補修するだけでは、また同じ問題が起こります。なぜ、このような劣化を招いた原因にも対処する必要があります。

塗装工程 ピックアップ

ポイント:軒天井の劣化 再発防止工事

帯と軒天上 剥離事例
  なぜ、このように軒天井は劣化してしまったのでしょうか。その原因は、軒天上の真上、ベランダを取り巻いている”飾り帯”にありました(左写真)。この飾り帯と壁の隙間から雨水が浸入、水はベランダ下面(軒天井面)に廻り、天井面を傷めてしまったのです。
  ですから、帯と外壁との間にある隙間を埋める工事(三角シール工事)が必要となります。この工事をしないで帯を塗装してしまうと、他の不具合も起こりえます。右写真は、帯の背後から、帯を貫通して水が染み出し、帯の塗膜を剥がしてしまっている相談事例です。
三角シール前 三角シール後
  左写真は、三角シール工事前。帯と外壁との間に充填してあったシーリングという材料が劣化し、ここから水が入ってしまう状態に置かれていました。そこで、劣化したシーリングを撤去、新たに適切なシーリング材を注入しました(右写真・三角シール工事完了)。

サイディング塗装完了

Oさま邸のサイディング塗装工事は、24人工。18日間の工事でした。最初に電話をいただいた際に気にされておりました、ベランダ下からの雨漏れ。その対処方法に、このページでも力を注ぎました。またお困りの際には、ご連絡ください。ほんとうに、ありがとうございました!

ざっくり塗料比較

価格・費用シュミレーション

|  東京都の外壁塗装店 | 塗装の手順 | 塗装の種類 | 断熱塗料ガイナ | 塗装価格 |


余白