外壁塗装東京外壁塗装費用価格は(株)相信|濡れ縁の塗装

塗装(株)相信 塗装会社の用語集 濡れ縁

塗装会社の用語集
濡れ縁(塗装)

1.濡れ縁 こまめに塗装を!

濡れ縁とは、雨ざらしとなる縁側のこと。水はけを良くするために、板と板の間に隙間を設けているのが一般的です。それでも腐食しやすいため、こまめに防腐機能のある塗料で塗装することが必要となります。最近は腐食を防ぐ目的でアルミ製のものなども出回ってきているといいますが、弊社が塗装工事するお客さま宅は、木製の濡れ縁の方が圧倒的に多いです。

2.「濡れ縁」の塗装 選択肢

A.木目を活かす場合

キシラデコール(日本エンバイロケミカルズ)という塗料を5年に1度くらい塗装されるとよいです。この塗料は、木目を活かしたまま、木の内部に染み込みます。そして、内部から防腐作用を発揮します。

B.腐食が激しい場合・塗りつぶす場合

微弾性のウレタン塗装で塗りつぶします。木目は消えてしまいますが、以下の写真のように、艶のある仕上がりになります。

濡れ縁 塗装前濡れ縁 塗装後

下塗り剤:ファインウレタン木部用下塗り
上塗り剤:ファインウレタンU-100弾性
色:19-70L

|  東京都の外壁塗装店 | 塗装の手順 | 塗装の種類 | 断熱塗料ガイナ | 塗装価格 |


余白